コインランドリーのチラシを作成しました

コインランドリーのチラシを制作致しましたので、ご紹介します。

チラシを作る時、いろんな切り口が考えられますよね。今回は、ニーズ喚起に繋がる「えっ!知らなかった!」という驚きの情報をメインテーマにしました。

手書き風フォントを使って制作しています。布団はコインランドリーで洗うと、クリーニングの半分以下の料金、2時間で洗えるという内容です。

chirashi_03

 

今まで布団洗いをクリーニングに頼っていた方にとっては、かなりの朗報ですよね。試してみたいと高確率で思える話題です。

でも、他の業種ではこういったテーマはどうやって見つけたらいいの?また、テーマが見つかっても耳より情報を使って、どう集客をしたらいいんだろう・・・とお悩みの方も多いはず。そこで、今回は意表をつくニーズ喚起チラシの作り方を解説します。

ライバルは同業だけではない

近隣の同業他社ばかり意識していませんか?

飲食店であれば、洋食も和食も居酒屋も。カフェや、小売店のイートインスペース、テラス席のあるパン屋さんなどもライバルになりえますよね。内食や中食との比較もされると思います。

美容院も、美容にかけるトータルコストのシェア割りと考えれば、エステやネイルサロン、化粧品販売などもライバルです。

パチンコ店であれば、カラオケやボーリング、マンガ喫茶など他の娯楽とも比較されるかもしれません。余暇の過ごし方というもっと広い枠でとらえることもできます。

既にあるパイ(顧客)の取り合いではなく、ニーズ喚起をしてマーケットそのものを成長させていきたいという場合には、同業ではなく隣の業種と比較して、優位性をアピールすると良いでしょう。

もっとも分かりやすいのが、数字による比較

今回とても重要な要素として、数字による比較を入れました。これがあると、読者を納得させることができます。根拠は何?と言われないためにも持っておくことをお勧めします。

そして今回のチラシではこのような「数字」を実際に使って表現しています。
  • コインランドリーを大物洗いに使っている人の数が35%。
  • クリーニングの半分以下の料金。
  • 2時間で仕上がる。
数字で比較して、特徴やメリットを表現することが一番分かりやすく、信憑性も高いのでオススメです。

 

【レポート】配るだけで2,400万円売り上げたチラシDMに学ぶ2つのルール

arrow

■ PCメールアドレス (必須)

verisign

※メールアドレスは暗号化されて送信されます

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。

→ コピーもつくるチラシ制作はこちら