チラシやパンフレットの修正指示依頼のやり方について

チラシ修正指示依頼
こんにちは、狩生です。

チラシ制作会社に依頼すると、まずデザインがあがってくると思います。そのあとに修正があれば修正依頼をすると思いますが、「どういう風に依頼すれば伝わりやすいか?」について記述しましたのでご参考ください。

かんたんな修正依頼マニュアルです。
※チラシ制作会社、SOHOの方もぜひご利用ください。

 修正依頼のたった1つのPOINT

修正依頼のPOINTは、たった1つだと思います。
(ただし、チラシの目的がきちんと両者で共有されている場合)

それは、“具体的に伝える”ことです。

修正依頼とは“感想”ではいけません。

感想を伝えるだけですと、制作会社やSOHOの方々は「こういう感じなのかなぁ・・・」と“予想”で修正していしまいます。

そうするとやり取りが多くなってしまい、完成が長引いてしまいます。

 具体的な修正依頼とは?

具体的な修正依頼とは、次のようなことです。

 

(1)色・位置・大きさ等を明確にする

×「もっと明るい色にしてほしい。」

○「左下の吹き出し、中は明るいブルーに変更して、もっと大きくして下さい。」
※基本的なことかもしれませんが、修正箇所の場所がわかることが大事です。

たとえば、
「右上の親子のうち、子供のほう」
「下のほうの吹き出し、左から3つめ」
など、正確にご依頼されることをオススメします。

 

(2)「現状」と「修正後の希望」を明確にする

×「この文章、イメージと違うので、変えてもらいますか?」

○「右下の文章、表現が強い感じがします。もっと優しい感じにしたいので、丁寧な言葉を使ってみていただけますか?」

×「何か他のイラストありませんか?」

○「左下のイラスト、やっぱり可愛い女の子が笑っているイラストに変えてください。そういったイラストはありますか?」

せっかくのチラシづくり、本当は細かい希望が色々あると思います。
だからこそ希望が具体的なほうが、よりイメージに近いチラシを作ることができます。

たとえば・・・

チラシ修正指示依頼
このチラシのデザインを見て、「うーん、“困った感”が足りないな・・・」という感想を持ったとします。その場合は、

「上の方の困った顔の人、もっと困った顔があれば変えていただけますか?人の周りの色も、暗く見える、グレーっぽい青にできますか?」

というように具体的な指示を書いていただければ、制作会社も修正がしやすくなります。

 修正依頼の3つの方法

実際に修正依頼をする方法は、以下の3つがあると思います。

1.メールでいただく
2.電話でいただく
3.FAXでいただく
※あとは、直接の対面ですね。

 

1.メールでいただく

基本的にメールが1番間違いないので、メールでのご依頼をオススメします。

※特に制作会社さんと「言った言わない・・・」とならないためには履歴が残るメールかFAXがオススメですね。

メールに箇条書きで、修正箇所を記入しておくとスムーズです。

下記に具体例を載せておきます。

チラシ修正依頼メール
 

2.電話でいただく

電話の場合は、たとえばメールやFAXで送ったものを補足するために使われると良いです。ただ、1~2点であれば電話のほうが早い場合もありますね。

 

3.FAXでいただく

“プリントアウトしたものに修正箇所を書き込んだもの”をいただく場合は、FAXして送るという方法もわかりやすいです。

(もしくは、スキャンしたものをメールに添付)

送る際は、修正箇所を丸で囲み、希望内容を記入してみてください。

 

以上となります。
修正依頼、参考にしてみてください!

 

【レポート】配るだけで2,400万円売り上げたチラシDMに学ぶ2つのルール

arrow

■ PCメールアドレス (必須)

verisign

※メールアドレスは暗号化されて送信されます

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。

→ コピーもつくるチラシ制作はこちら