デザイン実績

屋根塗装チラシの文章&デザインを作成しました

屋根塗装・外壁塗装業を行っている凪塗装様のチラシデザインを制作しました。

塗装会社さんのチラシはポスティングや新聞折り込みなどで結構お目にかかる機会も多いかと思います。

そういったチラシでの競争が比較的激しい業界でも選ばれるチラシを作るためのポイントについて簡単にご紹介したいと思います。

お客さまの声をたくさん入れる

アンケートなどを取って「お客さまの声」を持っている場合、チラシにたくさん入れると良いと思います。

さまざまな年齢層や家族構成の方に、異なるシーンでご利用いただいた時の生の声を掲載することで、お客さまもご利用イメージを膨らませやすくなります。

また、第三者の声というのは口コミ効果信頼感にも繋がります。

社長のご挨拶はしっかりと

社長のご挨拶も簡単にですが入れさせていただきました。

屋根塗装、外壁塗装はお客さまのご自宅に訪問させていただいて作業にあたるので、お客さま側からすると、「実際にどんな人がやっているのだろう?」という社内スタッフの顔や雰囲気が知りたい…という思いがあるかと思います。

ですから、明るい笑顔、相談しやすそうな雰囲気、丁寧なご挨拶文などがあると安心して依頼することに繋がります。

真摯な姿勢を見せるために

そして最後には「4つのお約束」として、この会社様がお客さまにきちんと誓えることを明文化。

とにかく信頼が第一のお仕事なので、お客さまに安心していただけるようにしました。

チラシ制作の際には、「当社はこんなにすごいんですよ」という独りよがりにならないように。また、単調で飽きさせないように気を付けて制作していきます。

お客さまの声を入れて客観性のある部分、自社について語る部分、お客さまについてのメッセージ部分…といったように、さまざまなパートに分けてバランスよく見せるようにしています。

チラシを差別化する最も簡単な方法とは?

さて、今回の塗装業のように、競争の激しい業種、しかも折り込みやポスティングでのアプローチも多い業種だと、「また似たようなチラシが来た」と思われ、即ゴミ箱行き…というのだけは何としても避けたいですよね。

ライバルと似たようなチラシになってしまうのを、同質化と言います。

どこも似たり寄ったりだなと思われてしまえば、当然消費者に選んでいただくことはできません。

ライバル研究は大切ですが、ライバルが気になるあまりつい真似をしたくなってしまったり。真似をしたつもりはなくても、結果的に似た作りになってしまったり。

真似をするのは簡単です。同じ業界のチラシを真似して作ることで、それらしいモノは出来上がるかもしれません。でも、そのチラシで反応が取れるでしょうか?売れるのでしょうか?

自社にしかないものを、見せる

ですが、差別化なんて難しいことを言われても…と悩む必要はありません。

あなたの会社にしかないものをチラシで表現すればよいのです。

しかも、それは必ずしも全国○位に表彰されました!とか、○○テレビで紹介されました!といった大それたことである必要はありません。

  • あなたが会社を興した時の想い
  • 代々受け継がれていること
  • 職人さんの人の好さ…

たとえばこんなことです。

ライバル会社とは、当たり前ですが社長が違いますよね。社長が違えば、想いが違うはずです。仕事に対する姿勢とか、お客さまのために大切にしていることも違うはずなのに、チラシにそれが出ていないと、あなただけにしかない魅力が伝わりません

それって本当にもったいないことです。

社長挨拶なんて恥ずかしい、とか、上手く書けないかも…と不安に思われる方も、当社は口頭でヒアリングさせていただき、相談しながら実際の文章に起こして制作していきますので、気負いする必要はありません。

イベント集客のための夏祭りチラシデザイン作成

注文住宅のハウスメーカー様の夏祭りチラシデザインを作成しました。

イベント集客を兼ねたチラシということで、裏面はイベントのターゲット層に刺さる内容に限定しています。

なつまつりは毎年開催しているということで、総合住宅展示場などでおこなう大規模イベントに負けず劣らずの内容となっているためイベント写真をふんだんにいれました。

盛況感を出したデザインとなっています。

イベント集客の多くは「家族連れ」がターゲットとなるので、内容は家族で楽しめるものがいいですね。

※前回も作成させていただきまして、今回は日付やイベント内容を変えただけとなりました。

chirashi_0415_34

以前、イベント集客に最適なドクターフィッシュのチラシデザインを作成し、ブログでもご紹介していますので、イベントアイテムにお悩みの方は参考にしてみてください。

裏面は表面と雰囲気がガラリと変わりますが、ターゲットは同じです。

最近若い世代に人気の平屋を取り上げているのも、子育て世代にフォーカスしているからこその構成となっています。

特に住宅のチラシは画像が重要でメインとなるものなので、文字はあまり多く入れません。疑問解消、平屋がおススメな人、ユニバーサルホームの特徴と、3つのコンテンツに絞りました。

イベントマーケティングは、PR以外に集客性やターゲットの可視化、SNSへの拡散力など、主催者側のメリットだけでなく、営業されることを懸念して商品・サービスを実際に体験しなかったお客様も気軽に体験できるというメリットがあります。

費用対効果を十分に検討したうえで開催されると一定の成果を得られ、さらに継続することで、自社のファンも増えていくことになります。

 

腰痛専門整体院のチラシをデザイン作成しました

北九州市にある整体院「快整体院」様のチラシデザインを作成しました。

こちらの売りは”慢性痛に強い”という点です。

そこで、慢性痛の代表ともいえる「腰痛」に絞ったキャッチコピーにしました。

マーケティングでよくいわれる「ターゲットを絞る」ということですね。

実は、ターゲットを絞った方がいいということをご存知の方は多いのですが、実際にターゲットを絞ったコピーや文章を書いている企業はそれほど多くありません。

絞り方が分からなかったり、本当に効果があるのか疑心暗鬼になっているのではないかと思います。

「腰痛専門といわれたら、腰痛の人しか集まらないのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

ターゲットを絞る理由は「絞れば絞るほどそのターゲットに刺さるから」というのが一番の理由ですが、もう一つ理由があります。

それは「独自性を出せる」ということです。

ターゲットにしか刺さらない言葉にすることで表現が際立ち、競合との違いが明確になり、結果的にその業界において独自性を持った目立つ存在になります。

際立つことで注目され、多くの人に受け入れられるようになると”ファン”が増えるのです。

これは大手より、中小企業や個人、店舗のほか、新規事業の場合に効果を発揮します。

「経営資源が限られているときはターゲットは絞り込むべき」というのは、ランチェスターの第一法則から導き出された戦略でもあります。

chirashi_0415_31

助成金無料診断チラシを作成しました

社会保険労務士チラシ

静岡県湖西市にある社会保険労務士渡邊事務所様のチラシを作成しました。

社会保険労務士の業務は幅広く、すべてを紹介することで焦点がぼやけてしまうため、チラシを作成する場合は、業務を絞る必要があります。

まずはチラシの特性を知る

社会保険労務士チラシ

 

チラシは、直接お客様の手に渡ることを目的としたプッシュ型のダイレクトメディアです。

ユーザーが情報を取りに来るインターネットと違い、お客様の知らない情報を伝えることができるのでインパクト大です。

さらに、チラシを利用するメリットのひとつは「保存性」。中には1年前に配布したチラシを見て連絡する人もいらっしゃいます。

特に士業の場合、お客様は今すぐ依頼したいというより「いつかの何かのときのため」として連絡先をとっておきたくなります。

そこで、チラシを保存するお客様が多いことを最初から意識し「いつでもお気軽にご連絡ください」「最新情報をご確認ください」といったメッセージをチラシに記載しておくのも効果的です。

これだけデジタル社会が普及していても、チラシはアナログだからこそ強力な宣伝ツールになります。

対象の人の課題を把握する

今までの士業は、顧問契約の顧客を増やすための営業活動に焦点があてられていました。

その流れは今も変わりありませんが、近年は労使問題のみ、人材育成のみ、など部分的なニーズも高まっています。

お客様は今何に悩んでいるのか、何を解決したいのか、働き方改革などの時代の流れとともに、把握することが重要です。

渡邊事務所様では、助成金のニーズをとらえ、複雑で数多くある助成金の中から「人材育成」に関するものだけを取り上げることで、ターゲットに刺さるメッセージになっています。

とにかくハードルを下げる

士業の「敷居が高い」というイメージは、今でも根強く残っています。

無料相談しますよと伝えても、本当に無料なの?どこまで無料なの?と、行動に移してもらうことが難しいのが現状ではないでしょうか。

そこで、最近よく見かけるのが「無料診断」という言葉です。

「診断」には、簡単かつ簡易的なイメージがあり、無料と言われてもあまり違和感がありません。

・・・

士業の場合、お客様が知りたいのは「依頼した方がいいかどうか(メリットがあるかどうか)」です。

そこをクリアするためにも、依頼した方がいいかをまずは無料で診断しますというメッセージを送ることでハードルがさがり、連絡をとりやすくしています。

 

お客様の声をキャッチコピーに使用したチラシデザイン

腸内環境を整えるサプリメント「天然美通」のチラシデザインを作成しました。

「お客様の声」は、商品を購入するかどうか迷ったとき、とても大切な判断材料になります。

今回は、お客様の声について、深堀りしてみたいと思います。

chirashi_0415_42

お客様の声をキャッチコピーにしてみる

お客様が商品を購入するときに一番不安になることは「この商品を買って後悔しないか」ということです。

最初から欲しいと思っている場合は別ですが、初めて聞いたり見たりする商品・サービスに対しては「買って失敗しないか」といった不安がつきもの。

”本当に効果はあるのか” ”満足できるのか”など、疑心暗鬼になっているときは、こちらが何を言っても聞き入れてもらえません。

だからこそ必要になるのが、効果があった・満足できたという「証拠」です。

同じ目線で公平に評価しているリアルなお客様の声は、これから購入しようとしている見込み客にとって有力な判断材料になります。

お客様の声がもたらす2つの効果

ひとつは【期待感】です。お客様の中には、同じような悩みを持った人がたくさんいます。

そのような人達の「〇ヶ月で〇㎏痩せました」「たった〇回で改善しました」といった声を聞き、同じ悩みが解消できるかもという期待感を持ってもらうことで、一度試してみようかな…という行動につなげることができます。

2つ目は【安心感】です。お客様の声は「実際に購入し、満足してもらっている」からこそいただけるものです。

いい評価はもちろん、たとえ良くない評価であっても、敢えて載せたり、誠実な対応をみせることで、より信頼感を得ることができます。チラシの場合は、スペースを考えて載せるかどうか判断してください。

さらに、お客様の数は多ければ多いほど「これだけたくさんの人が評価しているんだ」という安心感にもつながるので、できるだけ集めるようにしましょう。

お客様の声の効果的な使い方

お客様の声をより効果的に見せるためには

  • 写真入り
  • 名前入り
  • 直筆(アンケート画像など)

どれか一つでも取り入れるようにしましょう。

特に、名前や写真は、その企業を信頼しているからこそ許可をいただけるもの。すべては無理なら、イラストを入れる、吹き出しを作るなど、見やすい工夫をしてみてください。

また、今回のように、チラシのキャッチコピーにそのまま使用するのもおススメです。具体的な数字が書いてあったり、インパクトのあるコメントがあった場合はぜひ検討してみてください。

どんな主観的な言葉よりも心を動かすことができる可能性のあるものが「お客様の声」です。

 

お顔そり&フェイシャルエステのチラシデザインを作成しました

お顔美容専門のエステサロン「びとわ」様のチラシデザインを作成しました。

フェイシャルエステをおこなうサロンはたくさんありますが、フェイシャルエステに加えてお顔そりを専門におこなうサロンはあまりないので、そこが強みになります。

 

不安1 どんな状態になる?

お顔そり、シェービングと聞いてまず不安になるのは「肌は大丈夫?」ということではないでしょうか。

特にお顔のシェービングなので”やってみて”というわけにはいきません。

少しでも不安を払拭するためにはビフォーアフターの画像がおススメです。

肌が傷つかないというだけでなく、肌が明るくなる、印象が変わるといった「こんなに変わりますよ」ということが伝わるような画像を載せることがポイントです。

不安2 技術は確か?

次に気になるのは施術者の技術です。

男性ならわかると思いますが、仕上がりは人によって異なりますので「確かな技術がある」ということを伝えなければいけません。

びとわ様の場合、

  • 国家資格である理容師の資格を持っていること
  • 古い角質を0.02mmまで取り除けること
  • エステとの相乗効果でたった1回でも変化を実感してもらえること

などを伝えることで、技術プラスαの効果が得られるということを印象づけています。

さらに、施術者の写真があるとお客様は安心します。

企業の代表やスタッフなど、できるだけ写真を載せるようにするといいです。

不安3 気になるお値段は…?

不安を払拭したところで気になるのが値段ですよね。

チラシは一瞬見ただけで多くの情報を得られますので、そのメリットを活かした「チラシ特典」を設けましょう。

〇〇キャンペーン、〇周年記念、初回限定、期間限定、先着〇名様、など、すぐに行動を起こしてもらえるような特典にすることがポイントです。

 

女性のシェービングは、成人式や結婚式など、特別な日にしかおこなわないイメージをお持ちの方も多いと思いますが、定期的にシェービングすることで、古い角質が取り除かれて肌のターンオーバーが整うということです。

不安払拭については、ご参考にしてみてください。

 

外壁&内壁に使用できる光触媒塗料チラシを作成しました

光触媒塗料チラシデザイン

光触媒塗料を提供している株式会社鯤コーポレーション様のチラシを作成しました。

外壁&内壁にも使える塗料ですが、効果の発揮しやすい外壁を中心に記載しています。

このチラシのポイントを少しだけお伝えします。

光触媒塗料チラシデザイン

 

何屋なのか?

読み手が自分にとって必要な情報かどうか判断するのにかかる時間は「1秒」といわれています。

そのため、まずは何の会社なのかがわかるような言葉や画像を、人が一番最初に目を置く「表面の左上」に載せることがポイントです。

「何をしてくれるのか」が一目でわかるようにするのが大切です。

自社だからできることは何か?

安くて、品質が良くて、工事も丁寧。

誰もがそんな業者を望んでいるものの、チラシでそのまま表現すると、逆に疑いを持ってしまうもの。

ですので、すべてを伝えるよりは、一つか二つの”ウリ”を分かりやすく伝える方が反応率も上がります。

  • 100%自社職人の施工
  • 10年の工事保証つき
  • すべてコミコミでこの値段

…など、自社の強みを見出して、読み手に興味を持ってもらいましょう。

今回は「セルフクリーニング機能」というあまりほかにはない特徴のある塗料をお持ちの企業であるため、一番目立つキャッチコピーに取り入れました。

反応率の分かれ目は「安心感」

「感情で物を買い、理屈で正当化する」という有名な言葉にもあるように、どんなに高額であっても、人は心が動けば行動を起こします。

特にチラシの場合、直接会ったり話したりするわけではないので、読み手の心を動かすためには十分な「安心感」を与える必要があります。

たとえば、

  • 代表やスタッフの写真
  • 代表の想い
  • お客様の声

などです。

お客様の声も、直筆のアンケートだったり、写真入りのコメントがあると”この会社、何だか良さそう”という印象を持ってもらうことができ、結果的に「問い合わせだけでもしてみようか」と、行動を促すことができます。

反応がないからといってチラシの枚数を減らしたり、チラシを配らないといった方向にいってしまっては、集客自体が難しくなります。

今までチラシ作りをあきらめていた方も、ぜひ上記のコツを取り入れてもう一度チャレンジしてほしいと思います。

 

天然アカモクの販売チラシをデザインしました

アカモク販売チラシデザイン

天然アカモクを紹介するためのチラシのデザインしました。

アカモクは「ぎばさ」とも呼ばれ、スーパーフードの仲間入りをした注目の食材です。

アカモクは何が良いのか?そしてどういう特徴があるのか?を掲載しています。

 

テレビで話題

テレビ以外でも、インターネットで紹介された、SNSで話題になっているなど、メディアを上手に活用することは大切です。

また、遠くからでも読める文字の大きさや、折ったり丸めたりされても見える位置も確認しましょう。

情報は必要最低限に留める

あれこれと情報を詰め込んでは読んでもらえないばかりか、面倒になってチラシすら持って帰ってもらえません。

「目で読む」ことを意識して

  • 話題になっている理由(注目の栄養成分・新食感・格安料金など)
  • 安全基準や受賞歴
  • レシピ

など、写真やイラストを使いながら、読み手が知りたいことを必要最低限の情報量で伝えましょう。

レシピ・アレンジは強い味方

どんなに健康に良くても、見慣れない食材や、手間のかかる扱いづらい食材ではなかなか手に取ってもらうことはできません。

そんな時こそ、レシピを載せるのがポイントです。

「こんな風にしても食べられるんだ」ということが分かれば、ハードルがグッと下がります。

本来の使い方・食べ方でなくても、ふりかけを調味料に、フルーツを隠し味に、などアレンジ法を伝えることで、興味をもってもらうことができます。

 

求人情報サイトのチラシデザインを作成しました

求人情報サイトチラシデザイン

九州・山口地区限定の求人情報サイト『求人ハロー』様のチラシデザインを作成しました。

今回は、自社サービスを利用してみたいと思ってもらうコツをご紹介します。

まずは試してもらう

いい人材が集まるなら、それなりの費用は出してもいいと思っている企業も多いと思います。

でも、実際に募集をかけてみないと結果は分かりません。

ですので、まずは試しに掲載してもらうという方法は有効です。「3ヶ月間」など、期限を決めることを忘れないでください。

大手との差別化

競合との差別化はよく言われることですが、競合の中に大手企業がいる場合は、より独自性を出す必要があります。

インターネットとはいえ、勤務できる場所は限られますので、求人ハロー様のような地域密着型の求人サイトはそれだけで差別化要因になります。

ほかにも求人ハロー様では、専任スタッフのアドバイスや採用後のアフターフォローといったこともおこなっているのでより強い独自性が出ていますね。

はじめて掲載する企業や効果的な掲載方法が知りたい企業など、訴求ポイントが明確なので、ターゲットが行動しやすくなります。

デメリットを利用する

始めたばかりのサービスなので求人数が少ないのですが、少ない今だからこそ「即日掲載」「手厚いサポート」など、デメリットを逆に利用したサービスを提供しています。

どんな企業でも始めたころは実績が少なかったり、お客様の声がなかったりすると思います。

そんなときは、始めたばかりだからこそできるサービスを提供して、少しずつ実績を集めるようにしましょう。

 

ディープリンパマッサージのチラシデザインを作成しました

自由が丘にあるエイジングケア専門サロン『RIRE(リール)』様のチラシデザインを作成しました。

キャッチコピーや見出し、タイトルは一般的には”短くシンプルな方がいい”といわれています。

しかし最近では、本のタイトルやチラシ・DMのキャッチコピーでも長いものが増え、実際に売れている本のタイトルも、長いものが上位を占めている場合があります。

長いキャッチコピーと短いキャッチコピー、どう使い分けたらいいのでしょうか?

chirashi_0415_04

短いキャッチコピーのメリット・デメリット

「キャッチコピーは短くシンプルに」

今までそういわれてきたのは、

  • 一瞬で興味を引くことができる
  • インパクトのあるコピーは記憶に残る
  • 商品の特徴が端的に伝わる

といった理由があったからです。

一瞬で覚えてもらいやすいので、短いキャッチコピーの方が宣伝効果が大きいといえるでしょう。

一方、多くの人に影響を与えるほどインパクトのあるキャッチコピーは、そう簡単に書けるものではありません。

表現によっては誤解を招いたり、外部から指摘を受ける場合もありますので「難易度が高い」というデメリットがあります。

長いキャッチコピーのメリット・デメリット

長いキャッチコピーの最大のメリットは「書き手の意図が明確に伝わる」ことにあります。

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」などは、タイトルを読んだだけでどんな話か大体想像がつくと思います。

一方で「長くて覚えられない」「最後まで読んでもらえない可能性がある」といったデメリットもあります。

どう使い分ける?

長くするか、短くするかは「何を伝えたいか」によって変わります。

例えば今回のようなエステサロンのチラシでは、「たった1ヶ月でマイナス5kg」などのように結果重視でコンパクトに伝えたいのか、「ディープリンパマッサージ」がどんなもので、どのような効果があるのかをきちんと伝えたいのか、によって、同じチラシでも使い分けることができます。

余力があれば2パターン作ってテストしてみるのもおススメです。