美容院の集客力がスゴイ「手書き風チラシ広告」2

美容室の手書き風チラシ
前回の続きです。

美容院の集客力がスゴイ「手書き風チラシ広告」のポイントを“あと2つ”ご紹介します。(1つは前回の記事で説明しましたので、そちらをご参照ください)

モデルの写真がない

美容院の広告としては衝撃的です。
なんと、モデルの写真がないという広告。

通常であれば、キレイなモデルさんを使って、「こんな髪になりますよ」「こんなにかわいくなりますよ」「こんなにカッコよくなりますよ」・・・と言いたいところです。そうですよね?

若者向けの美容院だったら若者のモデルを、メンズ美容院だったらメンズモデルを、50代60代向けの美容院だったら相応のモデルを・・・。普通はそうします。

でも、この広告は違いました。

モデルの写真がないという事実。では、どうしたのか?

文章中心で攻めているのです。ほとんどが文字で占められています。美容院としてはいと珍しい形式。

対象の人の悩みを的確に捉えている

そして、最後が1番重要なところです。
(重要な部分をあえて最後にもってきました)

それが「対象の人の悩み」を的確に捉えてそれを的確に表現していることです。別に一流コピーライターのような凝りまくった表現をしているわけではありません。

むしろそんなのは必要無いのです。的確なものほど、シンプルでわかりやすい。そして、それが広告を読む導線になります。

シンプルな表現。工夫しすぎない表現。

変なテクニックを学んで工夫しすぎると、結局“元の素材”が何かがわからなくなるぐらい“ぐちゃぐちゃに”なってしまいます。本末転倒。

そうならないためにも、変な創作料理をつくるのではなく、まずは王道。悩みを捉えてシンプルに表現

ここがなければ、前回の記事でご紹介した「手書き風」は活躍できません。

【レポート】配るだけで2,400万円売り上げたチラシDMに学ぶ2つのルール

arrow

■ PCメールアドレス (必須)

verisign

※メールアドレスは暗号化されて送信されます

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。

→ コピーもつくるチラシ制作はこちら