用途から考えるオススメのチラシ用紙サイズ一覧

チラシサイズA4
チラシを作る時、「どのサイズがいいですか?」と聞かれることがよくあります。

でも、サイズについてはそんなに難しく考える必要はありません。

チラシサイズは主にどんな用途でチラシを使うのか、という用途次第で決めるのをおすすめします。

手渡しなのか、DMなのか、新聞折込なのか、店頭掲示かなど、場合によっては複数の用途で使おうと思っている場合もあるかと思います。その場合は、“メインの用途”を必ず決めてください。

メインの使用用途と、できればこんな使い方もしたいなぁというものがあれば複数イメージして挙げてみてください。

では、一般的な用紙サイズ別に特徴や、おすすめの使い方を見てみましょう。

A4-汎用性が高く、使いやすい

チラシサイズA4
チラシとして一番多く使用されるサイズです。

一般的な書類サイズなので手渡しにした場合も邪魔になりにくく、折り込みや、ポスティングなど様々な用途に使えるのが魅力。

三つ折りにすれば封筒にも入るので、DMに使いやすいというのもポイントです。
(印刷するときに三つ折り加工をプラスすればよいだけです)

A4サイズのチラシをひとつ作っておくと色んなシーンで使えるので、初めてチラシを作る方、様々な用途に使いたいという方にはA4サイズがおすすめです。

B4新聞折り込みなら

チラシサイズB4
A4よりも少し大きい、新聞折り込みで使われる一般的なサイズです。

新聞はB4サイズより一回り大きくできているので、B4サイズ以下であれば、折らずに入れることができます。(つまり「折り」の料金が不要)。

新聞折り込みでの利用がメインということであれば、追加料金なしで入れられる最大の広告サイズであるこちらがおすすめです。

ただ、サイズを変えてあえて目立たせるために、A4やB5サイズで折込をするという方もいらっしゃいます。

B5-最近あまり使われないサイズ

チラシサイズB5
弊社でもB5でのご依頼はかなり少ないです。
B5を作るよりは、A4にした方がたくさんの用途に使えます。

あえてサイズを変えたい場合やB5が一般的に使用されている業界では、B5でも良いと思います。

A5B6-気軽に持ち運ぶなら

チラシサイズA5B6
ポスティングやお店においておく&他店に置いてもらうときに使いやすいサイズ。

気軽に持ち運べるので便利です。たとえば、ご挨拶として名刺代わりに渡すこともできます。

ただし載せられる情報が限られるので、載せる要素をできるだけ絞る必要があります。そして、シンプルに表現しましょう。

A3B3-丁寧な説明を載せたい時に

チラシサイズA3
伝えたい情報がたくさんある時にはA3もしくはB3サイズがおすすめです。

このサイズでは、パンフレット(4~6ページ)並に情報を載せることができます。

きちんと説明責任を果たしたい、より多くの事例を見せたい、といった場合にこちらのサイズを選んでください。

弊社の制作事例では、リフォーム店さんなど。折込でたくさんの情報を伝えたい方向けです。ただし、スペースが大きいからといって無暗に情報を載せ過ぎても読んではもらえません。情報が散漫にならないよう注意が必要です。

(たとえば、トイレリフォーム・バスリフォーム・塗装リフォームなどいろんなリフォームに関する内容をひとつのチラシで載せる…といったことは避けましょう)

用途に合わせたサイズ選びと、サイズに最適な中身を

チラシサイズ一覧
効果的なチラシを作るには、チラシを使用する用途に合わせてサイズを選ぶことが大切です。

そして、サイズが決まったらそのサイズに最適な情報量を、分かりやすく載せるようにしましょう。

小さい用紙でもポイントを絞って記載すれば、チラシをきっかけに問い合わせを得ることができますし、大きな用紙でもなにが言いたいのか分からないような内容だと反応は望めません。

チラシをうまく活用して、あなたのビジネスを加速させていただけたらと思います。

 

【レポート】配るだけで2,400万円売り上げたチラシDMに学ぶ2つのルール

arrow

■ PCメールアドレス (必須)

verisign

※メールアドレスは暗号化されて送信されます

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。