びわの葉温灸プライベートサロンのチラシをデザイン作成しました

びわの葉温熱療法サロンチラシ
びわの葉温熱療法をされているプライベートサロン「輝リラクゼーション」さまの集客用のチラシを作成させていただきました。女性限定の隠れ家サロンです。

今回は、A5(片面)サイズです。そのチラシがこちら。

びわの葉温熱療法サロンチラシ
このチラシのPOINTを2つだけご紹介します。

POINT(1) 悩み起点で表現する

何かしらの悩みを解消したいか、欲求を満たしたいときに人は行動します。特に、お金を払ってでも行動するときというのは、何かしらの理由があるはずです。

今回のチラシの場合は、「悩み」ですね。

ただ本当はもっと直接的に書きたかったんですが、悩みを具体的に書くことができないので、“書ける範囲での表現”となりました。

何かしらの問題意識がなければ、それを解消しようとは思いません。このあたりは、無料配布している「チラシDMレポート」にも書いていますね。

「どんな問題意識か?」を的確に捉える必要があります。

POINT(2) 人をできるだけ出す

2つ目が人をできるだけ出すことです。

特に、サロン系の方はお気をつけください。どうしてもイメージ写真(女性のよくあるフリー素材の写真)を使いがちですが、それは悪い例です(どうしてこんなに使う方が多いんでしょうね)。まだ、小さく補足的に使うならよいですが。

サロンの場合ですと、「技術」はもちろんですが、その技術を施す「人」がとても大切な要素となります。ここは、たとえば、医院や治療院も同じです。サービス系全般に言えることですね。(実は、商品販売でも言えることですがそれはまた別の機会に)

「どんな人か?」がわからなければ、予約しようとは思いません。やっぱり、不安ですからね。特に、輝リラクゼーションさまのように、想いのある方は必ず表現したほうが良いです。(逆に、想いがないと・・・)

 

以上、2つのPOINTを紹介しました。

サロン系の方は、特に気をつけるべき部分です。ぜひご参考ください!

※掲載許可をいただいたチラシのみご紹介しています。

【レポート】配るだけで2,400万円売り上げたチラシDMに学ぶ2つのルール

arrow

■ PCメールアドレス (必須)

verisign

※メールアドレスは暗号化されて送信されます

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。